子供の虫歯予防のために

MENU

虫歯予防

虫歯になるには幾つかの虫歯の好条件があるんですよね
私も母は歯が悪かったのもあり、虫歯にならないよう必死にケアしてもらっていた記憶があります。
母の念入りなケアのお陰で歯医者知らずでした
それを今度は私が自分の子供に受け継ごうと頑張っています。
先ず、子供に限らず大人も同じですが虫歯になる子供は歯が生え、口の中にばい菌さんが住んでしまうのです
そして、そのばい菌が白く硬くなった塊を歯の石=歯石なのです。
この歯石=プラークの中には細菌が数えきれないぐらいして、このプラークが虫歯の原因で減らさないいけません。
また、虫歯以外にも歯周病にもある可能性もあり、プラーク退治が予防につながるのです。
そして、糖を含んだ食べ物を食べると虫歯菌は大好きな糖を利用し酸を作り、歯を溶かしてしまうのです。
その時のお口の中はPH5.5以下となり、虫歯菌が大好きなPHの数値なのです。
これが長時間続くと、歯に穴が空き食べ物が詰まると痛く、虫歯になっているんです。
虫歯は自然に治ることがなく、放置すれば段々を進行し痛みも増します。
そうならないよう、歯ブラシでゴシゴシと力強く磨きたくなりますがいけません
鉛筆を持つように歯ブラシを持つと力が入りすぎず、歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当てそのまま歯ブラシを振動させるだけ
小さい子供は自分ではできませんので、お母さんが6〜7歳ぐらいまでは磨いてあげて下さいね。
その際、子供を膝の上に寝かしながら歯ブラシをすると、口の中もよく見えやりやすいでしょう。

歯ブラシが終わると、水や番茶でうがいをしましょう
子供に歯磨きを習慣づけるために、子供用の小さめの歯ブラシでご飯やおやつの後は、磨くようお母さんも一緒にお手本として歯磨きをすると良いかも知れませんね。

 

子供も大人も歯磨き後の新習慣。虫歯の増殖を防いでお口の匂いを防ぐ乳酸菌タブレット


2014/10/31 09:52:31 |
アメリカと日本の歯に対する意識の違いにびっくりしますね。アメリカ人男性の4人に一人は虫歯ゼロという統計も出ています。虫歯がなくても歯医者に行く習慣って日本人には少ないと思います。かくいう私自身も歯医者の雰囲気が苦手だし、よっぽど痛くならない限りは定期健診なんか行きませんね。痛くなってからいっても遅いというは分かるのですが、何となく足が遠のいてしまいますね。虫歯があると恥ずかしいと思うのが7割にもあがったのがアメリカ人で、日本人は虫歯があっても対して悪い印象はもたないという人が多いそうです。電動歯ブラシを使っているのって芸能人くらいかなという意識に対して、アメリカ人はオーラルケアに年間3万6千円...
2014/10/31 09:09:31 |
ポテトチップスでおなじみの湖池屋グループ:株式会社フレンテより販売中の乳酸菌LS1 スーパークリッシュ。大人も口臭は気になりますが、子供のお口って結構強烈だったりしませんか?!毎日、朝昼晩と歯磨きをしていても臭っていたり・・・。もしかして虫歯が原因かな?!と歯医者に定期的行かせてみるものの、お口の匂いは相変わらず・・・。まだ小さいうちは、こんなものかな?と思えますが、小学生、中学生になったらいじめの対象にもなり兼ねません。これが女の子だったら?!かわいそうな思いはさせたくないですよね。我が家の娘、小学生ですが、いつ頃からか「絵の具」のような匂いのする時が・・・。歯医者でも虫歯はないと言われ、腸...
2014/06/26 12:39:26 |
虫歯の進行で「C1、C2、C3、C4」と歯医者でも聞いたことがあると思います。これは虫歯の進行度合いを区分で虫歯は奥歯にできることが多いですが、前歯にもでき治療法は全ての歯は同じです。
2014/06/26 12:39:26 |
私が虫歯で苦労したので子供には・・・と思い、甘いおやつをできるだけ控えたり食べた後は必ず磨き、私が仕上げ磨き&チャックしています。そんな努力なのか?我が家の娘と息子は未だ歯医者知らずで(嬉)歯が綺麗だ!と学校で表彰されたなんです!(^^)!というのも、私自身が歯科衛生士というのもあり子供のケアができないと恥ずかしいですよね。そこで、乳歯の虫歯ができやすい部位と言えば歯と歯の間で見た目では誰にも分かりません(>_
2014/05/23 14:25:23 |
歯科に限らずアメリカの医療費は莫大に高く自己管理で予防している人が多いです。フィンランドはキシリトールで虫歯予防で知られていますが、アメリカも歯科先進国と言われ調べてみました。そこで、驚きの結果が歯磨きに虫歯予防の効果がない!?日本では食べた後に歯磨きをしないとプラークが付着し、柔らかい間に取らないと歯石になり虫歯になると・・・。子供の頃から「必ず食べた後は歯磨きをしないと虫歯になり磨きなさい!」が母親の口癖ではありませんでしたか?しかし、アメリカでは虫歯に有効な手段のランク付けがあり、歯磨きももちろん全く効果が無いわけではありませんが、効果大:フッ素やシーラント、効果中:糖分の摂取を控える、...
2014/05/23 14:24:23 |
嘘のような本当の話なんですが、我が家の娘16歳は今まで歯医者に行った事はないんです。私が虫歯で苦労し歯医者とお付き合いが長く、娘にはこんな思いはさせたくないのもあり、生まれてから歯には神経質なぐらいチェックしていました。その苦労もあり学校の歯科検診でも虫歯ゼロ、有り難い事に表彰までされたんです(^^)フィンランドと言えば、キシリトールガムで虫歯予防の先進国ですよね。子供の虫歯は3才までが勝負だと言われ、驚くことに1才半〜3才の間に虫歯にならないかが決まるそうです。産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいません。なぜなら、口腔内の虫歯菌が感染するのが1才半〜3才だからです。虫歯菌は、一体どこからく...
2014/05/02 11:31:02 |
虫歯予防方法には幾つかありますが、その中の一つとしてフッ素塗布が良いと言われています。最適な時期は、歯が柔らかい時期が効果的で歯の生え始めや、永久歯が生え変わる6歳頃も効果が期待できます。虫歯に有効で最近では歯磨き粉の中にもフッ素配合されているぐらいで、無料で町の歯医者でフッ素塗布してくれる所もあります。しかし、このフッ素が微量であれば大きな害にはならないのですが、多量だと毒性が強い化学物質であり、海外では大昔、重症や死に至った例もありフッ素塗布は賛否両論なのです。そもそも虫歯予防にフッ素が有効と言われたのは、1901年にアメリカ・コロラド州の歯科医師がある小さな町で住民は虫歯が少なく、研究の...
2014/05/02 11:30:02 |
大人でも虫歯になり歯医者に通うとなると憂鬱で、いくつになっても年齢関係なく怖いものです。なので、子供にも自分の痛い目に合わないよう歯のケアは念入りに神経質なぐらい力が入るものです。そこで、子供の虫歯で大人が痛い経験をさせなくするには、子供に正しい歯磨きをしたり教えたりする事。それだけではなく、子供に指導する親もしっかりと口腔内ケアをしておき、親の虫歯を子供にうつさない事も大切です。えっ!?親の虫歯が子供にうつるんだ!と驚いた人もいると思います。例えば、日常生活の中で可愛い子供にキスをしたり、口につけたスプーンやお箸でご飯を食べさせたり、食べ物を両親が咀嚼したのを子供に食べさせる事もあるでしょ。...
2014/04/05 21:24:05 |
虫歯と食生活は多く関係し、虫歯ができ治療しても虫歯原因を改善しなければ、何度も虫歯ができ歯医者さんに通うことになりますましてや大人でも歯医者はおっくうなのに、子供となれば好んで行く場所でもなく怖くて診察すら手こずらせます。全て虫歯が原因なのですが、虫歯を作らない食生活の改善や環境を作れば虫歯予防になるんです一般的には甘い物で子供が好きなお菓子やチョコレートで虫歯の原因ですが、食べる回数が影響しているんです。食べ物を摂取する回数が多ければ多いほど、歯が虫歯になる環境になっているのです(>_また、喉が渇いたときの飲み物も虫歯を恐れ牛乳、水、お茶ばかりだと、子供はストレスとなり駄目だと毎回いう母親も...
2014/04/05 21:23:05 |
ある歯科医院の先生は虫歯対策に力を入れ、フィンランドにも訪れてらっしゃるそうですそして、キシリトールガムを使用した虫歯対策を考案されました。その先生によると、7つの子供の虫歯予防方法を述べてらっしゃいます。私も3歳児を持つ母として納得させられ、皆さんとも共感できればと思います。キシリトールガムを1日3回以上噛む。フッ素入り歯磨き粉やスプレーを1日2回使用する。おやつは時間を決め正しい時間に食べダラダラと食べない。シーラントを利用する。歯間ブラシや糸ようじを利用し、歯と歯の隙間もきれいにする。イオン飲料に気を付ける。定期的に歯医者や保健所を利用し定期健診やケアをする。子供は、おやつや甘いもの[e...