子供の虫歯予防のために

子供の虫歯予防のために

虫歯予防

虫歯になるには幾つかの虫歯の好条件があるんですよね
私も母は歯が悪かったのもあり、虫歯にならないよう必死にケアしてもらっていた記憶があります。
母の念入りなケアのお陰で歯医者知らずでした
それを今度は私が自分の子供に受け継ごうと頑張っています。
先ず、子供に限らず大人も同じですが虫歯になる子供は歯が生え、口の中にばい菌さんが住んでしまうのです
そして、そのばい菌が白く硬くなった塊を歯の石=歯石なのです。
この歯石=プラークの中には細菌が数えきれないぐらいして、このプラークが虫歯の原因で減らさないいけません。
また、虫歯以外にも歯周病にもある可能性もあり、プラーク退治が予防につながるのです。
そして、糖を含んだ食べ物を食べると虫歯菌は大好きな糖を利用し酸を作り、歯を溶かしてしまうのです。
その時のお口の中はPH5.5以下となり、虫歯菌が大好きなPHの数値なのです。
これが長時間続くと、歯に穴が空き食べ物が詰まると痛く、虫歯になっているんです。
虫歯は自然に治ることがなく、放置すれば段々を進行し痛みも増します。
そうならないよう、歯ブラシでゴシゴシと力強く磨きたくなりますがいけません
鉛筆を持つように歯ブラシを持つと力が入りすぎず、歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当てそのまま歯ブラシを振動させるだけ
小さい子供は自分ではできませんので、お母さんが6〜7歳ぐらいまでは磨いてあげて下さいね。
その際、子供を膝の上に寝かしながら歯ブラシをすると、口の中もよく見えやりやすいでしょう。

歯ブラシが終わると、水や番茶でうがいをしましょう
子供に歯磨きを習慣づけるために、子供用の小さめの歯ブラシでご飯やおやつの後は、磨くようお母さんも一緒にお手本として歯磨きをすると良いかも知れませんね。

虫歯の進行で「C1、C2、C3、C4」と歯医者でも聞いたことがあると思います。
これは虫歯の進行度合いを区分で虫歯は奥歯にできることが多いですが、前歯にもでき治療法は全ての歯は同じです。

続きを読む≫ 2014/06/26 12:39:26

私が虫歯で苦労したので子供には・・・と思い、甘いおやつをできるだけ控えたり食べた後は必ず磨き、私が仕上げ磨き&チャックしています。
そんな努力なのか?我が家の娘と息子は未だ歯医者知らずで(嬉)歯が綺麗だ!と学校で表彰されたなんです!(^^)!
というのも、私自身が歯科衛生士というのもあり子供のケアができないと恥ずかしいですよね。
そこで、乳歯の虫歯ができやすい部位と言えば歯と歯の間で見た目では誰にも分かりません(>_<)

続きを読む≫ 2014/06/26 12:39:26

歯科に限らずアメリカの医療費は莫大に高く自己管理で予防している人が多いです。
フィンランドはキシリトールで虫歯予防で知られていますが、アメリカも歯科先進国と言われ調べてみました。
そこで、驚きの結果が歯磨きに虫歯予防の効果がない!?
日本では食べた後に歯磨きをしないとプラークが付着し、柔らかい間に取らないと歯石になり虫歯になると・・・。
子供の頃から「必ず食べた後は歯磨きをしないと虫歯になり磨きなさい!」が母親の口癖ではありませんでしたか?
しかし、アメリカでは虫歯に有効な手段のランク付けがあり、歯磨きももちろん全く効果が無いわけではありませんが、
効果大:フッ素やシーラント、効果中:糖分の摂取を控える、効果小:ブラッシングの結果なのです。

 

では、アメリカの虫歯予防事情とはどんな方法なのでしょうか?

 

・フッ素塗布とシーラント:フッ素はミネラルの一種で、歯の表面に塗るとエナメル質を強くし虫歯になりにくくします。
一方のシーラントは、生えたばかりの永久歯の溝に、レジンと呼ばれる素材でふさぎ汚れが溜まるのを防ぐ=虫歯予防になるのです。

 

・糖分を含む食べ物摂取のコントロール:虫歯の原因でもある食べ物の糖分は、虫歯菌が作り出した酸でカルシウムやリンになり歯を溶かし、
やがて虫歯になり飲食や間食の回数や時間を減らす、砂糖の過剰摂取に気を付ける、フッ化物を用いてケアし、有名なキシリトールも有効です。
ガムを噛むことで唾液がよく出るようになり虫歯の再石灰化が促進されると言われています。

 

アメリカでは日本よりも甘い物が大好きでサイズもビッグなのに、4人に1が虫歯ゼロに対し日本ではたった20人に1人なんです。
半年に一度検診を勧められ虫歯でなくても歯医者に行く習慣、つまり予防のために歯医者に行きクリーニングをしてもらい虫歯チェックもしてもらいます。
もし、虫歯が発見されても普段からの定期健診を行っている結果、大事にいたらず簡単で痛みのない治療ですむのです。
また、アメリカ人の友人は必ずと言っていいほど、マウスウォッシュ、デンタルフロス、歯間ブラシ、電動歯ブラシなど、
オーラルケアグッズを持ち歩き自宅でもケアしているのです。
中々、歯医者には足が遠のき特に子供ならば余計に行きたくないところでしょう。
が、痛くな歯医者に行くと既に虫歯が進行し治療の痛いこと。
普段からこまめに検診を受けたり、正しいブラッシングやオーラルケアを用いて虫歯予防したいですね。

続きを読む≫ 2014/05/23 14:25:23

嘘のような本当の話なんですが、我が家の娘16歳は今まで歯医者に行った事はないんです。
私が虫歯で苦労し歯医者とお付き合いが長く、娘にはこんな思いはさせたくないのもあり、
生まれてから歯には神経質なぐらいチェックしていました。
その苦労もあり学校の歯科検診でも虫歯ゼロ、有り難い事に表彰までされたんです(^^)

 

フィンランドと言えば、キシリトールガムで虫歯予防の先進国ですよね。
子供の虫歯は3才までが勝負だと言われ、驚くことに1才半〜3才の間に虫歯にならないかが決まるそうです。
産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいません。
なぜなら、口腔内の虫歯菌が感染するのが1才半〜3才だからです。
虫歯菌は、一体どこからくるのでしょうか?
1位お母さん、2位お父さん、3位おじいちゃんやおばあちゃんなのです。
キスとしたり同じお箸やスプーンなど、食事時に食べさせたり残り物を食べたりと共有し唾液から感染するんです。
なので、時々子供の虫歯チェックもしてあげましょう!
3才までに虫歯ゼロだと歯の予防で500万円節約になるそうで、健康な歯は財産ですよ〜!!
また、口腔内を清潔に保つことで全身に与える健康面にも影響します。
キシリトールには、「虫歯の原因にならない」「虫歯の発生・進行を防ぐ」
「虫歯の原因であるミュータンス菌の活動を弱める」働きがあります。
しかし、キシリトールがあれば虫歯予防になるのではなく、正しい歯磨きやフッ素配合の歯磨き粉を使うなど一緒に行いましょう。
また、キシリトールガムを1日5〜10グラムを3回に分けて食べると虫歯予防に効果があるそうです。
フィンランド・ユリビエスカ保健所の研究によると、1日10グラム2年間食べ続けると食べ続けるのを止めても、
4年は予防効果が続くという驚きの結果もあります。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどでも手軽に購入できますが、甘味料としてキシリトール50%以上含まれているのがベストです。
全国の歯科医院でも子供だけでなく大人に対して、ブラッシング指導、フッ素塗布、食事指導、PMTC、唾液検査、キシリトールなど、
虫歯や歯周病予防に力を入れ定期的な歯科検診も呼びかけています。
日本でも虫歯予防の意識が大分と高まりましたが、子供の頃から習慣付けたいものですね。

続きを読む≫ 2014/05/23 14:24:23

虫歯予防方法には幾つかありますが、その中の一つとしてフッ素塗布が良いと言われています。
最適な時期は、歯が柔らかい時期が効果的で歯の生え始めや、永久歯が生え変わる6歳頃も効果が期待できます。
虫歯に有効で最近では歯磨き粉の中にもフッ素配合されているぐらいで、無料で町の歯医者でフッ素塗布してくれる所もあります。
しかし、このフッ素が微量であれば大きな害にはならないのですが、多量だと毒性が強い化学物質であり、
海外では大昔、重症や死に至った例もありフッ素塗布は賛否両論なのです。
そもそも虫歯予防にフッ素が有効と言われたのは、1901年にアメリカ・コロラド州の歯科医師がある小さな町で住民は虫歯が少なく、
研究の結果、その地域の水源には高濃度のフッ素が含まれている事が判明し、フッ素が虫歯予防に良いのだと言われるようになりました。
いくらフッ素が虫歯予防に有効で微量ならば体に影響がないとはいえ、やはりそれも積み重ねになれば蓄積され健康に不安や心配になりますよね。
でも、私達の日常生活でも海産物やお茶などにもフッ素は多く含まれ摂取していますもんね。
成人では体内に約2.6グラム程度のフッ素が存在していると言われ、虫歯予防に使われるフッ素は表面のエナメル質と反応し歯を強くさせるのです。
全てをフッ素に頼ると虫歯予防できる訳でもなく、歯科医院でのフッ素塗布で約20〜50%、フッ素入り歯磨き粉で約15〜25%、
学校等のフッ素洗口で約35〜50%虫歯予防できると言われています。
もしフッ素を飲み込んだとしても全てが骨などに蓄積されるのではなく、胃や腸で吸収され24時間以内に約90%は尿から排泄されるそうです。
また、フッ素急性中毒は体重1sあたり2rと言われ6歳児で約40rで、気にするほど体には悪影響は与えておらず心配もいりません。
日本の水道水も健康を考えフッ素化物濃度は0.8PPm以下と定められ安心です。
フッ素を塗った後や洗口の後30分は、食べたり飲んだりうがいも我慢しましょう。

フッ素塗布により虫歯予防をした後も定期検診、歯のお掃除などもこまめに受け虫歯リスクを減らしましょう。

続きを読む≫ 2014/05/02 11:31:02

大人でも虫歯になり歯医者に通うとなると憂鬱で、いくつになっても年齢関係なく怖いものです。
なので、子供にも自分の痛い目に合わないよう歯のケアは念入りに神経質なぐらい力が入るものです。
そこで、子供の虫歯で大人が痛い経験をさせなくするには、子供に正しい歯磨きをしたり教えたりする事。
それだけではなく、子供に指導する親もしっかりと口腔内ケアをしておき、親の虫歯を子供にうつさない事も大切です。
えっ!?親の虫歯が子供にうつるんだ!と驚いた人もいると思います。
例えば、日常生活の中で可愛い子供にキスをしたり、口につけたスプーンやお箸でご飯を食べさせたり、
食べ物を両親が咀嚼したのを子供に食べさせる事もあるでしょ。
これが、虫歯の原因になることもあるので気を付けましょう!
つまり、子供の虫歯の原因は親の虫歯菌という訳です。
虫歯は口の中に潜んでいる虫歯菌が、大好きな甘いチョコ・お菓子・ジュースなどに含まれる糖をエサにします。
すると、酸をつくりだし歯を溶かしあの痛い虫歯になるのです。
虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しないため、虫歯菌が口腔内に侵入したといえば両親からの唾液を介してという事です。
また、幼稚園などで行われる歯科検診で虫歯発覚!!で治療の紙をもらって来た時のショックさ。
この頃は乳歯が生え奥歯と歯と歯の間の磨き残しによる虫歯が多く、親はきちんと仕上げ磨きでチェックしてあげましょう。
そして、素人では虫歯は黒いと思いがちですが乳歯の虫歯は白色で、虫歯と知らずに放置し進行している事も多いのです。
乳歯の虫歯は食事の変化で進行が早くなり、子供は発達過程で味覚も変わり母乳、離乳食、おやつなど甘くて美味しい食べ物も食べる量も増え、

おやつの時間や食べる量を決め正しいブラッシングを習慣づけないと、歯を溶かし虫歯が急速に進行となり注意しましょう。
ブラッシングだけの問題かと思い込んでいたのですが、子供の虫歯は親の虫歯がうつしたいたんですね。
奥歯、奥歯の間、上顎の前歯と前歯の間、奥歯の溝、乳歯と歯茎の間などが、虫歯になりやすい部位です。
大人の肉眼でも分かりやすい場所なので、しっかりとチェックしてあげましょう。

続きを読む≫ 2014/05/02 11:30:02

虫歯と食生活は多く関係し、虫歯ができ治療しても虫歯原因を改善しなければ、何度も虫歯ができ歯医者さんに通うことになります

 

ましてや大人でも歯医者はおっくうなのに、子供となれば好んで行く場所でもなく怖くて診察すら手こずらせます。

 

全て虫歯が原因なのですが、虫歯を作らない食生活の改善や環境を作れば虫歯予防になるんです

 

一般的には甘い物で子供が好きなお菓子やチョコレートで虫歯の原因ですが、食べる回数が影響しているんです。

 

食べ物を摂取する回数が多ければ多いほど、歯が虫歯になる環境になっているのです(>_<)

 

また、喉が渇いたときの飲み物も虫歯を恐れ牛乳、水、お茶ばかりだと、子供はストレスとなり駄目だと毎回いう母親もつらい立場です。

 

子供が好きな物は食事の時に一緒に摂取するか、食後のデザートとして同じ時間にまとめるなど工夫すれば良いのです。

 

規則正しい3食と子供が大好きなおやつの時間を決め、間食もお腹いっぱい食べるのではなく少しにし、メリハリある食生活が虫歯予防にも繋がるのです。

続きを読む≫ 2014/04/05 21:24:05

ある歯科医院の先生は虫歯対策に力を入れ、フィンランドにも訪れてらっしゃるそうです
そして、キシリトールガムを使用した虫歯対策を考案されました。
その先生によると、7つの子供の虫歯予防方法を述べてらっしゃいます。
私も3歳児を持つ母として納得させられ、皆さんとも共感できればと思います。
キシリトールガムを1日3回以上噛む。
フッ素入り歯磨き粉やスプレーを1日2回使用する。
おやつは時間を決め正しい時間に食べダラダラと食べない。
シーラントを利用する。
歯間ブラシや糸ようじを利用し、歯と歯の隙間もきれいにする。
イオン飲料に気を付ける。
定期的に歯医者や保健所を利用し定期健診やケアをする。
子供は、おやつや甘いもの[emoji:e-239]が大好きで楽しみの一つでもあります。
中には、私の友達のように甘い物やお菓子を食べさせないという、虫歯予防をしているママも。
しかし、友達の家に行けばお菓子やケーキなども食べるだろうし
子供の楽しみを無理に取り上げるのもストレス
要は、食べたらしっかりと虫歯予防をすれば良いんですよね。

そこで、私も子供の事を考え7つの虫歯予防を実践しています
もちろん、7事項完璧にできることはありませんが、実際にやり始めてから効果を実感しています

続きを読む≫ 2014/04/05 21:23:05

0〜3歳まで歯磨き教室があります
小さい子供の歯磨きは難しく、中々、自分の思い通りにもいきません。
そこで、磨き残しの心配などもあるかと思いますが、そんな時の助っ人として歯磨き教室を活用しましょう
色んなお母さん同士の情報交換や、ブラッシング方法なども指導してもらえ、
フッ素塗布もできるんです。
普段使っている歯ブラシやタオル・筆記用具を持参し正しい歯のケア方法や、
歯ブラシ・おやつの食べ方なども教えてもらえ不安や心配も和らぎますよ。
特に乳歯〜永久歯になる歯は虫歯以外にも歯周病・歯並び・歯の質・形など、
あらゆる面で影響を与え綺麗な永久歯にしてあげたいでしょ
親子で一緒に楽しみながら歯磨き習慣を身に付け、最後に磨き残しがないか
チェック=仕上げ磨きも忘れない事も大切です
また、大人でもそうですが奥歯は磨きにくく磨き残しも多いのです。
オエッとなる子供にとっては歯磨きが怖く苦痛になります。
そんな時はお母さんが一工夫し、歌に合わせたり鏡に歯をうつし見せながら磨くなど、歯磨きの楽しさを教えてあげ、自分から磨きたいと思えるようにしてあげましょう。
その他にも、子供が好きなキャラクターの歯ブラシにしたり、歯磨きカレンダーを作り、
歯磨きができた日には可愛いシールを一緒に貼るなど、頑張る気持ちに導いてくれますよ

続きを読む≫ 2014/04/05 21:21:05

フィンランドで虫歯予防効果があると実証されて以来、何年か前から日本でもキシリトールが注目されています。
キシリトールとは、砂糖に近い甘さのある天然甘味料で、白樺や樫の木の樹木から採取され、キシリトール配合ガムやタブレットもあります。
では、一体、キシリトールの効果ってどんなのでしょうか?
食後やおやつを食べた後の口の中は酸性で虫歯が大好きな環境です。
そこで、キシリトール配合のガムやタブレットを食べることで、たくさんの唾液が分泌され酸性が中性なり、唾液中のカルシウムが歯の石灰化を促してくれるんです。
1日3食後にキシリトールガムやタブレットを食べると、酸を出しにくく歯にくっつきにくい歯の菌にし、虫歯を作らない糖分で安心して甘味も味わいながら食べれます。
しかし、3歳ぐらいの子供はガムを上手く噛めなかったり飲み込む恐れがあり、
タブレットを食後や就寝前に1日3〜4回なめさせてあげると良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/04/05 21:20:05
ホーム RSS購読 サイトマップ